東北楽天は23日、安楽智大投手(20)が右大腿(だいたい)二頭筋の部分損傷で、全治6~8週間と診断されたと発表した。22日のDeNAとのオープン戦の試合前練習中に右太もも裏を痛め、同日、東京都内の病院で診察を受けた。

 安楽はオープン戦でここまで2試合に登板、投球11回で失点3の防御率2.45。高卒3年目の今季は、則本、岸の両エースに続く先発3番目の柱と期待され、開幕ローテーション入りをほぼ確定していたが、絶望的となった。

 梨田昌孝監督は「すごく期待していただけに非常に残念。残ったメンバーでやるしかない」と語った。開幕ローテについては「また練り直し。計算できなくなった」と嘆いた。

 東北楽...    
<記事全文を読む>