東北楽天が11安打8得点と打ち勝った。1点を追う四回、相手の捕逸と今江年晶の適時打で2得点して逆転。七回は嶋基宏、茂木栄五郎の適時打で2点を追加し、九回にも田中の2点三塁打などで4点を奪い突き放した。先発岸孝之は5回1失点の力投。六回に登板した2番手高梨雄平が1回無失点2奪三振と好投した。ヤクルトは終盤の好機を生かせなかった。

 ヤクルト-東北楽天(13時、神宮、6,140人)東北楽天000200204=8ヤクルト100000201=4(勝)岸3試合2勝1敗(敗)館山3試合1勝1敗(本)荒木1号(1)(小山)☆イヌワシろっかーるーむ<高梨雄平投手(六回に2番手で登板、無安打無失点2奪三振...    
<記事全文を読む>