プロ野球北海道日本ハムの新球場建設を核とするボールパーク構想を巡り、札幌市の秋元克広市長は23日、北大構内(札幌市北区)と、学校法人八紘学園の所有地と旧道立産業共進会場(ケーズデンキ月寒ドーム)=ともに豊平区=の敷地約13ヘクタールの2カ所を球団に提示する考えを示した。

 秋元市長は記者会見で、北大構内を候補地としたいとの市の打診に対し、北大が大筋で了承していることを明らかにした。市によると、球団への提示は本年度中に行う予定だったが、関係先との調整に時間がかかったため、4月中旬以降になる見込み。

...    
<記事全文を読む>