日本ハムは開幕投手に決まっている有原が6回2安打無失点と好投し、順調な調整ぶりを示した。打線は一回、レアードと横尾の連続適時二塁打などで3点を先行。五回は大谷のソロと新人森山の2ランで加点し、九回は近藤の二塁打などで5点を奪った。巨人は先発の大竹が5回6失点と不安を残した。

...    
<記事全文を読む>