◆左に苦戦「内容良くない」 「内容が全然良くない」。先発した千葉ロッテのドラフト1位新人・佐々木(桜美林大)は首をひねった。6回1/3を1失点。結果だけ見れば好投だが、球がばらつき、走者を背負う機会が多かった。開幕先発枠入りを目指す中で合格点を出せず、「納得のいくボールを投げたかったが…」と言葉を絞り出した。

 特に苦しんだのは、相手のスタメンに両打ちを含めて6人並んだ左打者。内角を突くつもりの直球がシュート回転して真ん中に入り、痛打される場面が目立った。許した4安打は全て左に打たれ、そのうち3安打は甘く入ったストレート。4四球を出すなど全体の制球も精彩を欠いた。相手の拙攻もあり最少失点に...    
<記事全文を読む>