東北楽天から日本代表に選ばれた則本昂大(26)、松井裕樹(21)両投手を運動指導や体調管理などで支えた球団トレーナーの星洋介さん(37)は22日、チームが横浜スタジアム(横浜市)でDeNAとのオープン戦を控えていたため、米国との準決勝をテレビ観戦することができなかった。2人の出番がなく敗退したことを知り、「この経験が次の原動力になるはず」とねぎらった。

 2人のWBCに懸ける思いを強く感じていた。2015年の国際大会「プレミア12」の準決勝、韓国戦。3-0の九回、ともにマウンドに上がったが救援に失敗し、日本は逆転負けを喫した。WBCは雪辱の場でもあった。星さんは「この悔しさを乗り越えたと...    
<記事全文を読む>