開幕前の最後の登板となった東北楽天の釜田が、苦しみながら5回1失点にまとめた。ボール先行で95球を要し、「オープン戦で一番調子が悪かったが、シーズン中はこういう日もある。悪いなりに抑えられて良かった」と振り返った。

 三回は安打と四球で無死一、二塁を招いたが、1~3番打者を変化球で内野ゴロと内野フライに打ち取った。「いつでもストライクを取れると余裕はあった」と語った。

 五回に打球を左太ももに当ててひやりとする場面もあったが「大丈夫です」。オープン戦3試合の登板を総括し、「一度も大きく崩れなかったのが一番の収穫。万全の体調で開幕を迎えたい」と決意を語った。

...    
<記事全文を読む>