ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表が準決勝で敗退したことを受け、けがのため大会直前に代表から離脱した嶋は「たやすい言葉は掛けられないが、胸を張って帰ってきてほしい」と代表チームの仲間への思いを語った。

 DeNAとのオープン戦に出場し、日本代表の試合はあまり見られなかった。「結果として負けてしまったが、みんなが注目する中、あれだけのパフォーマンスができたのが本当にすごい」とたたえた。

 東北楽天から代表入りした則本、松井裕には「2人とも若い。経験をどんどん伝えてほしい」と期待し、「次回大会があるのなら、僕ももう一回、選ばれるように頑張る」と語った。

 梨田昌孝監督は「他(チ...    
<記事全文を読む>