振ればヒット。横尾のバットが打ち出の小づちと化している。この試合では第3打席で中前打。続く九回の第4打席でも左前打を連ねた。

 当たりが止まらない。オープン戦に先発出場した計16試合で複数安打は実に6度目。打率・360は12球団トップクラスの数字だ。「毎日必死にやっていて、それがいい結果につながっている。(状態を)維持できるように、もっとバットを振らないと」。リーディングヒッターの現状に確かな手応えを感じている。

 サードとファーストを主戦場にする横尾。中田、レアードらWBC組が不在の期間に大活躍しアピールに成功した。「試合に多く出ることができて良かった。出ないと始まらないので」。確実性の...    
<記事全文を読む>