【ロサンゼルス=樋口浩一】野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、当地で準決勝1試合が行われ、2大会ぶり3度目の優勝を狙う日本(2次リーグE組1位)は初優勝を目指す米国(F組2位)に1-2で敗れた。

 1点を追う六回に菊池(広島)の右越え本塁打で同点に追い付いたが、八回に1点を勝ち越された。

 日本は先発の菅野(巨人)が四回2死一、二塁からマカチェン(パイレーツ)に左前適時打を浴びた。六回、守備のミスで失点のきっかけをつくった菊池の一発で同点としたものの、八回1死二、三塁、三塁ゴロの間に1点を失った。

 米国は22日午後6時(日本...    
<記事全文を読む>