プロ野球阪神のドラフト2位ルーキー小野泰己投手は17日、花巻市内で富士大卒業式に出席後、会見し「大学日本一はかなわなかったが、プロ入りという自分の夢が実現できた。この大学を選んでよかった」と充実した学生生活を振り返った。

 昨年12月以来の花巻入りで式典に臨んだ小野は「社会人チームに進んだ仲間もいて野球の話など楽しく過ごせた」とリラックスした表情。折尾愛真高(福岡)から、縁もゆかりもない岩手で過ごし「野球だけでなく、人間性も含めて成長できた大学の4年間は大きい」と感謝した。

 プロでは春季キャンプ、オープン戦を順調に過ごし、先発ローテーション争い真っただ中の右腕は「毎回課題が見つかり、毎日...    
<記事全文を読む>