東北楽天打線は足と小技を絡めて少ない好機を生かした。緻密なベンチワークにナインが応え、梨田昌孝監督は「安打は続かなかったが、ある程度(いろいろな)サインが出せた」と振り返った。

 先制点は機動力で奪った。三回1死から左前打で出塁した岡島豪郎が2死後、2番銀次の3球目に、スタートを遅らせるディレードスチールに成功。直後の右前打で生還した。

 森山周一塁コーチが「機会があれば狙おうという意識が常にあった。完璧だった」と絶賛すれば、梨田監督は「相手へのダメージが大きかった」とたたえた。

 七回無死一、三塁では「サインが出るだろう」と打席に入った足立が、投手と一塁手の間に転がすセーフティースクイズを...    
<記事全文を読む>