31日の開幕戦に先発する東北楽天の岸孝之が7回を4安打、無四球、無失点と、万全な調整ぶりを印象づけた。開幕前にもう一度オープン戦に先発予定はあるものの、「あとはけがさえしなければ大丈夫」と断言するほど、今回で十分な手応えを得た。

 「後半になるにつれて感覚が良くなった」。本人が振り返った通り、抜群の制球力で自在の投球を見せ始めたのが五回。先頭のペーニャに対し、投手不利のカウント3-1となってからが真骨頂だった。5球目は、投手の生命線とされる外角低めを突く直球。ファウルを奪うと、続くフルカウントから自身の代名詞の緩いカーブを低めに決めて見逃し三振に仕留めた。

 これで調子づき、五、六回を三者...    
<記事全文を読む>