高校時代に静岡県内を沸かせた2人が、地元で二遊間を組んだ。広島の桑原(常葉菊川高出)が9番遊撃手で先発出場し、庄司(常葉橘高出)が六回から二塁の守備に就いた。ともに安打を放ち、大歓声を浴びた。

 前日に1軍デビューした3年目の桑原が初先発で結果を出した。第1打席で楽天の右腕釜田の変化球を右前へ“プロ初安打”。その後3打席は凡退したが、七回の中直は直球を完璧に捉えた。「失うものはない。ストライクは全て振るつもりだった」。持ち味の思い切りの良さで存在感を示した。

 庄司は交代直後にゴロを手堅くさばき、八回はオープン戦3打席目で初安打。「『庄司頑張れ』の声がありがたかった。1本打ててよかった」。...    
<記事全文を読む>