第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は14日、東京ドームでE組の1試合が行われ、日本がキューバに8-5で競り勝って2連勝を飾り、4大会連続の準決勝進出へ前進した。

 日本は5-5の八回、松田(ソフトバンク)が失策で塁に出たのを起点に1死一、三塁の好機をつくり、代打内川(ソフトバンク)の右邪犠飛で1点を勝ち越すと山田(ヤクルト)の2ランで突き放した。

 5-5に追い付いた後の七回、4番手で登板した松井裕(東北楽天)が三者凡退に抑えた。両チームが譲らず迎えた終盤で仕事をきっちり果たし、「抜け球が多かったけど、結果が大事。ゼロに抑えられて良かった」と振り返った。

 力みから高めに抜け...    
<記事全文を読む>