惨敗は先発枠を争う辛島航の炎上に始まった。「左腕は枚数が足りないから先発陣に入れるとかいう状況ではない。代わりに右投手を入れることを考えないと」。温厚な梨田昌孝監督も厳しい口ぶりだった。

 「全然駄目だった」。辛島は得意とする緩急を付けた投球ができなかった。試合前のブルペンでは好調だったというが、不慣れな球場のマウンドに対応し切れず5回6失点。打者に快音を連発されて「試合中に修正ができなかった」とうなだれた。「打者が嫌がるボールがなかったし、バットの芯で打たれた当たりが多かった」。梨田監督は結果以上に内容の悪さを嘆いた。

 打線も合計4安打2得点とリズムに乗れないまま。1-7の八回、中川大...    
<記事全文を読む>