◎池山隆寛1軍チーフコーチ 今年からチーフコーチとして、責任あるポジションをいただいた。投手と野手が一体となり、コーチも一体となるよう、キャンプから取り組んでいる。

 大事に考えているのは投打のバランスだ。野球は打者からすれば点取りゲームだが、守備からすると点を与えてはいけないゲーム。そこのバランスをうまく取りたい。

 昨年は打撃コーチとして点を取ることを重視し、ウィーラーをあまり得意じゃない左翼の守備に置いたりした。しかし5点取っても、6、7点取られたら勝てない。ウィーラーは三塁か指名打者に置きたい。

 昨年の反省の一つに、日本ハム(8勝17敗)とソフトバンク(8勝16敗)に大きく負け越し...    
<記事全文を読む>