東北楽天の今江年晶が3番三塁で先発し、決勝打を放つなど、オープン戦の初勝利に貢献した。「オープン戦とはいえ、まだ勝ちがない状況で3番に入った。絶対に走者をかえす気持ちで打席に立った」と笑顔を見せた。

 一回、先頭の島内宏明が四球を選び、藤田の犠打で二塁に進んだ後、カウント2-0から直球をはじき返した。「勝てば一つ一つのプレーの流れが良くなる」と勝利を求めた実力者の一打だった。

 守備でも、一回無死から先発森雄大が連続四球を出すと、マウンドに駆け寄り「思い切っていけ」と励ました。「間を取りにいっただけ」と謙遜しながら、その後の森の好投につなげ、存在感を示した。

...    
<記事全文を読む>