右足首の故障で出遅れている日本ハムの大谷翔平(花巻東高)が11日、千葉県鎌ケ谷市での2軍戦で今季初めて試合に出場した。イースタン・リーグ春季教育リーグ、楽天戦に「3番・指名打者」で先発すると2ランを含む2安打3打点。東日本大震災から6年を迎えた日に、シーズンへ向けて大きな一歩を踏み出した。

 2軍戦ながら球場には2417人の観衆が詰め掛け、バックネット裏には米大リーグ球団の関係者が陣取った。一回1死二塁で迎えた第1打席、ファウルなどで粘った末の8球目を振り抜き、中前適時打を記録。三回の第2打席はシュートをバットの先で合わせたようなスイングで右越え2ランを放った。

 本県出身の大谷にとって3...    
<記事全文を読む>