東日本大震災から6年を迎えた11日、プロ野球オープン戦の日本ハム―楽天が行われた丸亀市金倉町の四国Cスタ丸亀では、試合前に両球団の選手らがベンチ前に整列し、詰めかけた観客約6千人とともに犠牲者へ黙とうをささげた。

 楽天は被災した宮城県に本拠地を置くチームとして復興支援を続けている。被災地に大きな感動を届けた2013年の日本一からはや3年。岩手県出身で選手会長を務める銀次内野手は「もう一度優勝して東北をもっと元気に、笑顔にしていけたら」と今季への意気込みを語った。

 スタンドの観客も被災地への思いを巡らせた。多度津町の公務員長谷川昌子さん(34)は「離れていても、野球を通じて東北のことを考...    
<記事全文を読む>