今季から育成選手となった東北楽天の横山貴明投手が11日、イースタン・リーグ春季教育リーグの日本ハム戦(鎌ケ谷)で先発した。東京電力福島第1原発事故で全町避難となった福島県浪江町出身。節目の日の登板結果は6回4失点だったが「手応えもあった」と前を見据えた。◎横山古里に活躍誓う 浪江出身教育リーグで先発 試合前、ブルペンで黙とうをささげてマウンドへ上がった。最速145キロの直球を軸にテンポ良く投げ込んだものの、大谷(岩手・花巻東高出)に2ランを浴びるなど計7安打4失点で負け投手に。「大谷はキーになる打者。ストライクゾーンで勝負したが、相手が上だった」と苦笑した。

 「(3.11の意識は)なく...    
<記事全文を読む>