東北楽天の育成選手、今野龍太が再び支配下登録を勝ち取ろうと奮闘している。7日の2軍戦で好投し、1軍合流が決まった宮城・岩出山高出の4年目。「いい結果を残さないと来季の契約はないかもしれない。勝負の年」と覚悟を口にする。2015年オフに手術した右膝半月板のけがを乗り越え、最速153キロの速球を武器に2季ぶりの1軍マウンドを目指す。

 7日のイースタン・リーグ春季教育リーグのヤクルト戦(さいたま市営浦和)で、胸のすくような快投を見せた。六回に2番手で登場、3連続見逃し三振に封じる。七回は4者連続となる三振を空振りで奪うと、後続も一ゴロ、三飛と圧倒した。

 24球を全て直球で勝負した。最速147...    
<記事全文を読む>