ベテランが貫禄のマルチ安打をマークした。「5番・二塁」で出場した田中賢は、二回無死一塁から変化球を捉えて中前打。第1打席で難敵を攻略した。先発の和田は、昨季6度の対戦で四つの白星を献上し、自身も16打数3安打と苦しんだ相手。「避けては通れない相手。球筋を見られて、ヒットも出て次につながる」。制球、投球術とも超一流の左腕に対し、嫌な印象を植え付けた。

 シーズン開幕まで、50打席をノルマに掲げている。この日は予定通り4打席に立ち、九回にも右前打を放った。七回二死二、三塁の守備では、一、二塁間を襲った鋭い打球に反応。捕球後に素早く回転し、俊足・明石の内野安打を阻んだ。「まだまだ慣れてない。試...    
<記事全文を読む>