広島東洋カープを昨季限りで引退した黒田博樹さん(42)がマツダスタジアム(広島市南区)で最後に踏んだピッチャーズプレートが、広島のにぎわいの中心、本通り商店街(中区)で第二の人生をスタートさせる。低迷期も支え続けてもらった恩返しにと、球団が広島本通商店街振興組合に贈る。商店街は通りに埋め込んで5月ごろにお披露目し、「カープファンの新たな聖地に」と描く。

...    
<記事全文を読む>