東北楽天のドラフト1位新人、藤平尚真投手(神奈川・横浜高)が8日、川崎市のジャイアンツ球場であったイースタン・リーグ春季教育リーグの巨人戦に先発した。初めてプロを相手にし、2回1安打1失点で3三振を奪った。「直球で押し切れた。自信になる」と振り返った。試合は0-2で敗れた。

 一回は三者凡退。亀井にはこの日の最速146キロ直球で外角低めを突き、見逃し三振に仕留めた。例年この時期は140キロ台に届かないと言い、「練習の成果が出た」と喜んだ。

 二回はプロの力を体感した。先頭中井に左翼線二塁打を浴び、連続三振で2死後、脇谷にカウント2-2から2球続けてバッテリーエラー(捕逸と暴投)を犯し失点し...    
<記事全文を読む>