岸、則本に続く、残りの先発4枠を争う東北楽天の左腕、辛島が先発し5回3失点とまずまずの結果。「点は取られたが、内容はまあまあ良かった」と、ある程度納得した表情だった。

 一回は持ち味の打たせて取る投球で三者凡退。二、四回はともに走者を背負ってから二つの暴投が絡んで計3失点と、やや安定感を欠いた。それでも五回は再度立て直して、3人で終えた。

 二~四回に崩れ気味だったフォームを五回に微調整できたのが今回の収穫という。「試合中に投球を修正できるかが大事。今日はそれができたので良かった」と振り返った。

...    
<記事全文を読む>