春季キャンプで右脇腹の違和感を訴えていた広島の大瀬良が7日、マツダスタジアムに隣接する屋内練習場でシート打撃に登板した。約1カ月ぶりに打者相手の投球を再開し、49球中、安打性は3本と上々の復調具合。「(けがの)怖さはない。納得して終えられた」。目標の開幕ローテ入りに向け、手応えをにじませた。

...    
<記事全文を読む>