充実した表情を見せた。福浦和也内野手は2月26日に石垣島での2軍キャンプを打ち上げると、28日からロッテ浦和球場で練習を再開した。24年目のキャンプもバットを振り、体をイジメ抜いた日々だった。

 「2軍でマイペースに好きなようにやらせていただいた。これだけじっくりとやらせていただけたことに感謝。おかげさまでいいキャンプを送ることができた。振って、動いてけがなくここまで来ている」 プロ通算2千本安打まで、あと68本と迫る大ベテランは井口資仁内野手と共に2軍での調整練習を任された。第1クールはあえてフリー打撃は封印し、ロングティーをメインに力強くスイングすることを心がけた。そして満を持して第...    
<記事全文を読む>