岡山で今年初となるプロ野球オープン戦「ネッツトヨタ岡山スペシャル 楽天―DeNA」が4日、倉敷市のマスカットスタジアムであり、1万741人の観衆が待ちわびた球春を満喫した。試合はDeNAが9―3で勝ち、楽天は12日まで同スタジアムで行うホーム6試合(楽天野球団、山陽新聞社主催)の初戦を飾れなかった。

 楽天は先発森雄大投手が六回途中5失点と振るわず、DeNAはルーキー佐野恵太選手(岡山市出身)の適時打を含む13安打と打線が活発だった。この日の最高気温は4月上旬並みの16・2度。春本番を思わせる陽気の中、スタンドに詰め掛けた観客が声援を送りながらプロの技を堪能した。楽天ファンの会社員男性(...    
<記事全文を読む>