◆試行錯誤し着実前進 千葉ロッテのドラフト1位ルーキー佐々木(桜美林大)は、3回を投げたオープン戦初先発を無失点で切り抜けた。先発ローテーション入りを目指す立場では結果が大事となるが、同時にプロを相手に教訓を得た意味も小さくない。

 一回2死無走者では3番ゲレーロを2球で追い込みながら、4球連続ボールで歩かせてしまう。4番ビシエドには2ボールからストライクを取りにいった甘い速球を狙われた。大飛球の右飛となったが、肝を冷やしたに違いない。

 「簡単に外野に飛ばされたのでびっくりした」と率直に語った。球速は最速146キロをマーク。ただ、三回の荒木には1ボール2ストライクからの速球をきっちり右前に...    
<記事全文を読む>