第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は4日、下半身の張りで調整が遅れている嶋基宏捕手(楽天)をメンバーから外し、代替選手として炭谷銀仁朗捕手(西武)を追加した。

 炭谷は大阪市内の宿舎でチームに合流し「もう日にちもないし、どうこう言っていられない。やるだけだと思う。100パーセントで試合に出られる状態」と決意を語った。

 嶋は楽天でのキャンプ中から別メニューでの調整が続き、試合出場がなく「今の状態ではパフォーマンスができないと自分で判断し決断した。ぎりぎりになって申し訳ない」と話した。小久保裕紀監督は「本人が一番悔しい思いをしている。嶋の思いも背負い、結束して本大会に...    
<記事全文を読む>