「空席」となった遊撃手の座を巡る争いが千葉ロッテのキャンプの見どころになった。伊東監督は1月31日、遊撃で昨季パ・リーグのベストナインに選出された鈴木の二塁転向を発表した。沖縄県石垣市でのキャンプでは内野陣が激しい練習に取り組む姿が連日見られた。

 初の実戦となった2月11日の台湾プロ野球ラミゴとの練習試合では遊撃で先発した平沢が本塁打を放った。二塁の中村は安打と盗塁をマークし、その後に二塁に入った三木が本塁打。大嶺翔と高浜が適時打と候補者が張り合うように活躍した。

 伊東監督は「一人が打てばもう一人が打つ。良い競争ができている」と目を細めた。鈴木の守備の負担を減らし打撃を生かすため、数年...    
<記事全文を読む>