先発ローテーション返り咲きを目指す4年目の浦野が、休日返上で調整した。きょう4日のオープン戦・巨人戦に2番手以降で登板。入念なストレッチとキャッチボールに遠投でみっちり汗をかいた。

 昨季は右肩の故障で1軍登板はなく、2軍でも3試合の登板のみ。札幌ドームでの登板は2015年9月9日のソフトバンク戦以来、約1年半ぶりだ。「きっちり抑えたいですね」と久しぶりの本拠地登板に意気込む。

 ルーキーイヤーに7勝。しかしその後2年間は不本意なプロ生活が続いた。今季ようやくローテーション争いに戻ってきた右腕。「開幕まで1カ月。結果を一番に求めたい。初回の入りや、(1回を)3人で終えることを大事にしたい」...    
<記事全文を読む>