栗山監督は3日、右足首の負傷から回復しつつある大谷について、負傷の再発を防ぐため、実戦復帰後も当面は全力疾走を禁止する方針を明らかにした。同日、札幌市内で行われた激励会の前に報道陣の取材に応じた。

 大谷は2日の札幌ドームでの練習で、約9割のスピードで三塁までのベースランニングを行うなど状態は上向き。フリー打撃も継続しており、打者として3月中にもオープン戦か2軍の教育リーグで復帰する可能性が高くなった。

 ただ、監督は「全力で走るな、絶対にベース際は走るな、と大谷に言う。それができないなら試合に出さない」と明言。昨年10月の日本シリーズ、同11月の日本代表強化試合でベースを全力で駆け抜けた...    
<記事全文を読む>