全米3大ネットワークの一つ、米CBSテレビの人気報道番組「60ミニッツ」の番組スタッフ8人が、日本ハムの大谷を取材するため来日している。2月28日から1週間、札幌ドームなどで取材を行い、近く放送する予定だ。

 番組プロデューサーのナタリー・サマー氏は「一般的な知名度はまだ低いものの、米国の野球通にとって大谷選手は非常に知名度が高い」と大谷を取り上げる理由を語った。早ければ来季にも米大リーグに挑戦する可能性が高い大谷に、米国内でも注目が高まりつつあるようだ。

...    
<記事全文を読む>