【宮崎=2日】清武総合運動公園内にあるSOKKENスタジアムで楽天と練習試合を実施し、6―8で敗れた。

 埼玉西武は開幕投手に内定している菊池が先発。2回を投げ打者7人を1安打で抑え、仕上がりの良さを見せた。三回から登板した高橋光は立ち上がりに制球が定まらず5失点。六回からリリーフした小石は六回、内野ゴロの間に1点を奪われ、八回には勝ち越しとなる2ランを浴びた。

 打線は二回1死二、三塁から源田が右前へ運び先制。さらに1死二、三塁とし、続く田代は右前へ2点打を放った。3―6の七回には金子侑が左中間へ適時二塁打を放ち、永江の右犠飛、熊代の左前適時打で同点に追い付いたが、勝ち越せなかった。 <記事全文を読む>