11日に福山市水呑町の福山市民球場である広島東洋カープ対ヤクルトのオープン戦(広島東洋カープ、中国新聞備後本社主催)の始球式に、水呑小3年の佐藤澄弥君(9)=同市水呑町=が登板する。「かっこいい姿を見せたい」と意気込む。

 佐藤君は小学1年で軟式野球チームに入り外野手などで活躍している。憧れのジョンソン選手と同じ左腕。当日は母亜由美さん(41)の誕生日で、「ど真ん中に直球を投げ込む」と意気込む。

 抽選で選ばれ、2月下旬に登板の知らせを受けた。「神ってる」と驚いた佐藤君。祖父の広田勝義さん(74)から硬球をもらい練習している。「今年こそ日本シリーズで勝つのを見たい」と期待する。

 備後本社は...    
<記事全文を読む>