東北楽天2番手の釜田佳直がテンポの良い投球で3回無失点にまとめた。「球を低めに集めてゴロを打たせた。球数が少なかったのが良かった」と32球を振り返った。

 左翼方向に強風が吹いていたため、長打を警戒した。ストライク先行でぐいぐいと押し、出塁を許したのは渡辺に打たれた安打のみ。梨田昌孝監督は「球が力強かった」とうなずいた。

 昨季は1年目にマークした自己最多に並ぶ7勝を挙げた。今季、自身初の規定投球回の到達を目指す右腕は「年間を通して、長いイニングを投げたい」と目標を語った。

...    
<記事全文を読む>