野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は2日、京セラドーム大阪で練習し、米大リーグ、アストロズのキャンプで調整していた青木が合流した。これで代表メンバーがそろい、3日からの強化試合で最終調整をして開幕に備える。

 2度の世界一を知る身でも、日の丸を背負う感覚は特別だった。今回、大リーガーでただ一人、日本代表のユニホームに袖を通した青木は「日本の球場で野球をやるのは久しぶり。新鮮な気持ちだ」。合流後の初練習を終え、顔をほころばせた。

 その練習で早速、状態の良さをアピールした。フリー打撃では鋭いスイングで右翼や中堅方向に安打性の強烈な打球を連発。小...    
<記事全文を読む>