先月28日に1軍に合流した内田靖人が6番・三塁で先発。チーム唯一の複数安打を放ち、2安打2打点と活躍した。「結果を出そうと考え過ぎている部分があるが、(無安打だった)前日の試合よりは硬くならずにできた」と振り返った。

 味方打線が無安打と湿る中、六回2死二、三塁から2点左前打でチーム初安打を記録。九回にも無死一塁から右翼手の前にしぶとく落とす右前打でチャンスを広げた。「自分はどんどん振っていかないと駄目」と話す通り、六回は1ボール、九回は1ボール1ストライクと早めのカウントから甘い球をしっかり仕留めた。

 高卒4年目で、今季は1軍での台頭が期待される大砲候補。「2軍キャンプでやってきたこと...    
<記事全文を読む>