プロ野球西武のドラフト1位ルーキー・今井達也(いまいたつや)が1日、作新高で卒業式に出席した。昨夏の甲子園を共に戦い、日本一に輝いた仲間たちと再会し、笑顔で「野球漬けの3年間だった。特に3年生の1年間は充実していて幸せだった」と高校生活を振り返った。

 久々の制服に身を包んだ今井は真剣な面持ちで式に臨んだ。昨夏の第98回全国高校野球選手権大会で54年ぶりの優勝を飾り、作新の名を全国に響かせた硬式野球部。今井をはじめ野球部の卒業生16人には、その功績をたたえ理事長特別表彰が贈られた。

 卒業式後には硬式野球部の後輩たちから卒業生に花束と写真パネルが贈られ、小針崇宏(こばりたかひろ)監督は「み...    
<記事全文を読む>