バレーボールチャレンジリーグ男子1部の大分三好ヴァイセアドラーは26日、大分市のコンパルホールで富士通カワサキレッドスピリッツとの今季最終戦に臨み、2―3で敗れた。前日に優勝を決めていた大分三好の最終成績は18勝3敗(53点)となった。

 試合後、同会場で閉会式があり、優勝した大分三好と準優勝の富士通に記念盾などが贈られた。

 大分三好と富士通は3月11、12の両日、神奈川県大和市の大和スポーツセンターで、プレミアリーグ昇格を懸けた入れ替え戦に臨む。大分三好はFC東京(プレミアリーグ8位)、富士通はJTサンダーズ(同7位)と対戦する。三たび富士通に屈す 三度目の正直とはならなかった。今季一...    
<記事全文を読む>