バレーボールVリーグ男子のチャレンジリーグ1(2部相当)は26日、埼玉県三郷市総合体育館などで今季最終戦を行った。3位(勝ち点41)のVC長野トライデンツは7位(勝ち点15)の警視庁フォートファイターズと対戦し、1―3で敗れ、最終戦を白星で飾ることはできなかった。VC長野は、通算13勝8敗の3位(勝ち点41)でチャレンジIに初参戦した今季を終えた。

 プレミアリーグとの入れ替え戦(3月11、12日・神奈川県大和市)には大分三好ヴァイセアドラーと富士通カワサキレッドスピリッツが進出。大分三好はFC東京、富士通はJTサンダーズに挑む。

 VC長野のオソキンがチャレンジIの個人賞の一つ、ブロック...    
<記事全文を読む>