バレーボールのV・チャレンジリーグI女子のKUROBEアクアフェアリーズは25日、黒部市総合体育センターで仙台ベルフィーユと対戦し、1-3で敗れた。通算成績は8勝12敗で、順位は4位のまま変わらない。

 アクアは第1セットを落としたものの、第2セットはリズムを取り戻し、ブロックやレシーブで粘り25-23で競り合いを制した。

 第3セットも中盤の連続得点で逆転に成功。しかし、相手のブロックなどで再逆転を許し押し切られると、最終セットは相手のライト攻撃とバックアタックで点差を広げられ、力尽きた。

 26日は、同会場でリーグ最終戦となるデンソーエアリービーズ戦を行う。

...    
<記事全文を読む>