バレーボールVリーグ男子のチャレンジリーグ1(2部相当)は25日、埼玉県三郷市総合体育館などで4試合を行った。3位(勝ち点41)のVC長野トライデンツは4位(勝ち点26)の大同特殊鋼レッドスターと対戦し、1―3で敗れた。

 勝ち点を46に伸ばした2位富士通カワサキレッドスピリッツとは5差となってVC長野は残り1試合で逆転の可能性がなくなり、今季3位が確定。プレミアリーグへの昇格を懸けた入れ替え戦出場(2位以上)はならなかった。

 VC長野は第1セットを25―19で奪ったものの、第2セットは相手の速攻に苦しみ失った。第3セットを相手のサーブで崩されて落とすと、第4セットも森崎の速攻などで粘り...    
<記事全文を読む>