バレーボールのプレミアリーグは25日、大阪市中央体育館などでプレーオフの2次リーグ5試合が行われ、男子の東レ、豊田合成がともに3連勝で3位以内が確定し突破が決まった。レギュラーシーズン2位の東レはサントリーを3―2で振り切った。

 ▽男子2次リーグ 東レ(12) 3(25―21 25―23 25―27 16―25 15―10)2 サントリー(6) ■東レ監督「うちの強みが出た」  東レはフルセットでサントリーに競り勝ち、昨季に続いて2次リーグ突破を決めた。第5セットは李らの強烈なサーブで優位に立ち、小林監督は「うちの強みが出た」と胸をなで下ろした。

 決勝に直接進める首位通過を目標に掲げ、...    
<記事全文を読む>