大和市出身のビーチバレーボール選手熊田美愛(みのり)さん(25)が2020年の東京オリンピック出場を目指し、奮闘中だ。父は往年の元6人制バレーボール日本代表のエース熊田康則さん(53)=同市在住=で小学校時代から指導してきた。「五輪選手だった父を超え、メダルを取りたい」と親子で夢舞台を狙う。

 康則さんは現役時代、川合俊一さんらと「ビッグ3」との異名をとった人気アタッカー。6人制バレーで1988年のソウル五輪に出場したほか、ビーチバレー選手としても海外を転戦した。

 美愛さんは市立中央林間小学校時代に父が監督だった大和ベアーズで6人制バレーを始めた。名門・八王子実践高校でも同校コーチの父の...    
<記事全文を読む>