日本バレーボール協会は23日、第2回アジアU-21女子ビーチバレーボール選手権(3月2~4日、タイ)の日本代表2組を発表し、前回大会準優勝の村上礼華(松山東雲女大)・出口花(福知山成美高)組が2年連続で選ばれた。

 もう一組は東谷玲衣奈(八王子実践高)・菊地実結(共栄学園高)組。監督は成安女高(現京産大付高)出身の福井(旧姓・佐伯)美香、コーチは京産大出身の牛尾正和が務める。

...    
<記事全文を読む>