「入れ替え戦で勝って、来季もプレミアの舞台で戦う」-。バレーボールV・プレミアリーグ・岡山シーガルズの山口舞主将(33)と宮下遥選手(22)は、3月の入れ替え戦への決意を力強く語ってくれました。このほかリオデジャネイロ五輪で日本代表として戦って得た経験、オフの過ごし方、こだわっていることなどを聞きました。いい方向に向かっている-今のチームの様子を教えてください。山口 リーグ後半、試合を残した段階で入れ替え戦になることが決まってしまいました。最終戦(1月29日のPFU戦)に勝ったことで、仲間を思う気持ちやチームが大切にしていることを再確認できました。その思いを胸に練習に取り組んでいます。...    
<記事全文を読む>