バレーボールのV・チャレンジリーグI女子のKUROBEアクアフェアリーズは19日、大阪府の東和薬品RACTABドーム(門真スポーツセンター)で上尾メディックスと対戦し、0-3でストレート負けした。通算成績は8勝11敗で、順位は4位のまま。

 アクアは第1セット、上尾のセンター攻撃に対応できず先取されると、第2セットもサーブで崩され勢いを止められなかった。第3セットは序盤からリードを広げられ、和才のブロックアウトを狙った攻撃や丸山のコート奥を突くスパイクで一時逆転したが、最後は上尾のカルデロンディアスに力のあるスパイクを次々決められ、逆転負けした。

 米山弘監督は「最終週はホームゲームとなる...    
<記事全文を読む>